神社めぐり

多聞院(所沢)

多聞院(たもんいん)

真言宗豊山派のお寺です。

本尊は大日如来。

川越の藩主である柳沢吉保という方にゆかりのあるお寺です。

3富開拓をした時に祈願をされたそうです。

 

武田信玄にゆかりのある、純金の毘沙門天もあります。

毎年5月1日に虎まつりが開かれますが、12年に1度

寅年の年に毘沙門天が御開帳されます。

今年は2022年 寅年ですので、12年ぶりに毘沙門天が見られる年となります。

コロナの影響で、どうなるかは分かりませんが記念すべき年ですね。

 

御朱印はコロナへの配慮で、書き置きのみとの事だったので

私も書き置きの御朱印を頂いてきました。

 

身代わり虎が有名で、神様の化身とされ、災いが降りかかるのを

身代わりとして守ってくれるという言い伝えがあります。

小さくてとてもかわいらしいお守りです。

「かわらけ当て」というものもあります。

的をめがけて小さい瓦(土器)をあてるというものです。

開運や厄除けの願いを込めてお皿を投げる遊びです。

コロナの時期には、疫病退散・厄除けなどの願いを込めて参加する人も多いそうです。

 

 

このお寺は狛犬ではなく、虎がお出迎えしてくれます。

牡丹(お花)も有名で境内にたくさんの牡丹があり5月前後には

見ごろを迎え、虎まつりもあるため、多くの人でにぎわいます。

秋には紅葉もきれいでとても見ごたえがあります。

特に毘沙門堂のあたりにあるモミジはとてもきれいです。

 

掃除が行き届き、きれいな空気の流れる落ち着いた雰囲気のお寺です。

隣には神明社があります。

お正月には、多聞院と神明社にお参りする人でにぎわっています。

神明社には、お芋の神様が祀られています。

川越はお芋の発祥地と言われていますので、お芋とも深いつながりがある土地なのですね。

 

交通

航空公園・新所沢駅から「ところバス」が出ていて富岡循環コースで多聞院通り西で下車します。

そこから約8分ほど歩くとお寺があります。

駐車場は、神社の入り口前の道路を渡ったところにあります。

数十台、停められるくらいのスペースがあります。

大きな看板というか名前が書かれているものがあり、すぐ見つかると思いますが

初めて行く時などは、車だと駐車場を通り過ぎてしまいがちなのでご注意を。

車なら関越自動車道三芳ICから約2㎞ぐらいです。

 

多聞院 毘沙門堂

住所:〒359-0002 所沢市中富1501

電話:04-2942-0814

 

情報は、現在のものです。

最新の情報をご確認ください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.